砂利

砂利になる石

砂利はガーデニング用に限っても、本当に色々な種類があるとご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。
次は、砂利のもととなる石、鉱石について書いてみようと思います。
砂利となる石はいくつかありますが、天然石そのままを砂利にした砂利と、石や岩を砕いた砂利とがあります。
砂利も天然石ばかりではなく、人工石の砂利もあります。以下、代表的な砂利を簡単にですがご案内しますね。

ガーデニングの砂利、天然石そのままが砂利となるもの。
雨花石の砂利
雨花石はレイニーストーンとも呼ばれる、中国原産の瑪瑙系の石です。
数センチ程度の丸みを帯びた形の石で、そのまま砂利、化粧砂利として使われます。
うずら石の砂利
うずら石は和歌山県の海岸にて採取した、自然の玉石です。
波の力に洗われて、自然な丸みを帯びています。
ゴロタ石の砂利
ゴロタ石は五朗太石とも書きます。こぶし大の、砂利として使うにはちょっと大きめの石です。
ガーデニングでは縁石として使ったりもします。
護岸工事などの大規模な場所では、ゴロタ石を基礎部分の砂利として使います。

ガーデニングの砂利、砕石加工して砂利になる石。
こちらの砂利の方が、天然石をそのまま砂利にするものよりも種類が多いです。
那智黒石の砂利
那智黒石は三重県の特産石。碁石などでも有名です。
砕いて砂利になるほか、大きな原石のまま庭石に使われたりもしています。
砂利としては丸く磨かれた玉砂利です。
雨水に濡れるとしっとりと黒光りする、和風のガーデニングにぴったりな砂利です。
寒水石の砂利
寒水石は茨城県産の大理石です。真っ白な色が特徴です。
寒水石の高品質な砂利は、純白で美しい砂利です。
白玉砂利の代表格ともなっている砂利です。
御影石の砂利
御影石は花崗岩から生まれる鉱石です。石材として有名ですよね。
御影石も砕いて砂利になります。
御影石は色や風味が多様なので、御影石の砂利もさまざまな種類が販売されています。
錆色、薄紅色、白、黒、灰色などの砂利が御影石の砂利としてあります。

砂利の砕き方も、破砕機などで砕いたままの角ばった砂利、丸く磨いて仕上げた玉砂利、元の石の割れ方を利用した砂利などがあります。
砂利の元となる石が同じでも、仕上げ方が違うとまったく異なる表情になるのも、砂利という石材の魅力だと思います。
あなたの庭、ガーデニングにぴったりの砂利は、どんなイメージですか?
あちこちのガーデニング販売サイトや石材のお店のサイトで、お気に入りの砂利を探してみて下さいね。