砂利

砂利の種類2

ガーデニング用の砂利の種類について、続いてご案内していきますね。
ガーデニング用の砂利としては、防犯砂利も人気の高い砂利です。
防犯砂利とは、敷きつめた砂利の上を歩いたり踏んだりすると、普通の砂利よりも大きな音のする砂利のことです。
砂利だけにジャリジャリ!と、けっこう響き渡るような音がします。
防犯砂利は侵入者対策として効果のある砂利です。
防犯砂利は窓の下や建物の死角になる場所など、もし不審者が来るとしたら・・・・という場所に敷き詰めることをお勧めします。
防犯砂利砂利の中では比較的に高い価格の砂利ですので、庭、全体にというよりはポイントを絞って使うといいと思います。
防犯砂利は他の防犯グッズ(ブザーやカメラなど)よりはずっと安価で、効果も高いということで、なかなか人気があります。
防犯砂利、などというとちょっと無骨な感じですが、見た目に綺麗な防犯砂利もありますから、ガーデニングの販売店や販売サイトを探してみて下さいね。
中には防犯砂利の専門サイトなども見かけたことがあります。

ガーデニングの砂利、他には、伊勢砂利などもあります。
伊勢砂利は名前の由来どおり、伊勢(三重県)の河原にて採取されている砂利です。
伊勢砂利は渋い感じの茶系の色をしています。石材の用語で錆色、といいます。
この砂利は自然の状態で多孔質で、水はけと水持ちがいいのが特徴です。
伊勢砂利はいくつかの段階の大きさに加工されて販売されていますので、目的に合った砂利を選びましょう。
伊勢砂利は和風のガーデニングの敷き砂利や、盆栽の用土としてもよく使われています。
化粧砂利の一種といえるでしょう。

ガーデニングに使う砂利には、砕石という種類の砂利もあります。
砕石の砂利は、砂利の中でも一番ポピュラーかもしれません。
この砂利は天然の岩などを破砕機で砕いて、砂利にしたものです。
いわゆる「砂利」です。
砕石の砂利は岩を砕いただけの無骨な雰囲気で、ガーデニングというよりは建築資材として使われる方が多いかもしれません。
砕石の砂利はガーデニングでは、駐車場や庭土の下地にしたり、舗装に使ったりします。
この砂利は化粧砂利などと比べるとお値段・価格も安いので、基本的なところからDIYでガーデニングをしたい方には、いい砂利になりそうです。
砕石の砂利も石の大きさが何段階かに分かれて販売されています。

ガーデニング用の砂利について、主な種類の砂利をご紹介しました。
ひとことに玉砂利とか防犯砂利とか言っても、内容はさまざまです。
色合いや風合い、石の大きさなど、こだわりの砂利を探してみて下さいね。